人工知能(AI)により

【あんしん・あんぜん・あんてい】

が実現いたしました。

電力自由化の制度をうまく利用すると基本料金の10%〜20%程度を削減できる可能性があります。
電力自由化とは?既存の電力会社以外からも、電気を購入できます。
新電力からの電力の流れはどうなるの?送配電事業者の送電網を利用する為、安定供給は変わりません。
新電力の安全性は?またその根拠は?
新電力にすることで経済効果が生まれます。
東海電力の強みと試算事例
試算・お申込みについて 直近12ヶ月分の「電気使用明細」があれば、試算可能です。(無料)
よくあるご質問
Q. 今の電力会社から何か言われるのでは?
A. 電力自由化により、お客様が電力の購買先を自由に選ぶことが認められています。強い引き止め行為などある場合、公正取引委員会に報告される事例もあります。
Q.新しく電力会社を切り替えるとその後停電が頻発したりしない?
A. 今までと同様に、自然災害などで送電設備に異常が起こった時以外は停電しません。電力会社を切り替えても、送電網は今までと同じものを使用する為、新電力の電気だけを止めることは、物理的にも不可能です。
Q. 新電力の発電装置に異常が起こったらどうなるの?
A. 万一、新電力の発電設備に異常が起こり、発送電が止まった場合でも、送配電事業者による『バックアップ供給』が確約されていますので、お客様への電力供給が途切れることはありません。
※その場合。購買単価が上がることもありません。
Q. 停電やその他トラブル時の窓口はどうなるの?
A. 送電網は、今までと同じ送配電事業者のものを使用する為、電力供給に関することは今まで通り、送配電事業者へお問い合わせで問題ありません。
新電力へ切り替えの際、工事は必要?費用は?
A. 検針メーターを自動検診のものへ交換する必要がありますが、お客様の費用負担は基本的にありません。メーターは一般電気事業者の所有である為、交換工事は送配電事業者負担で行います。
※ただし、新たな電源線敷設の必要がある場合など負担工事が発生するケースもありますので、事前にご説明の上、協議をさせていただきます。

新電力からの電力購買は、従来通りの品質・安定度が確保されながら安く電気を購入することができる確実な手段です。ぜひご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは下記番号にご連絡ください。

052-228-7090

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームにてご依頼ください。